ハイアークラブ−最適な不動産取引を行うためのプロの「知恵」と「経験」がここにあります
「インフォームドコンセント不動産相談のハイアークラブ」 最適な不動産取引を行うためのプロの「知恵」と「経験」がここにあります

不動産取引の豆知識
人任せにして後悔しないために不動産取引Q&A不動産取引の失敗事例良い営業マンの判別法
不動産取引Q&A

→Q.アパマン経営は相続に有利であるそうですが、相続税の節税メリットを教えてください。

相続税の効果的な節税方法のひとつに、個人が自分所有の土地に自分名義の賃貸マンションを建てるという手法があります。

これは、賃貸マンション建築時の「土地の評価減効果」「建物の評価減効果」「借入金の債務控除」のそれぞれを組み合わせた効果によります。

例えば相続税評価額1億円の土地に1億円の賃貸マンションを全額借入金で建築、その地域の借地権割合50%、借家権割合30%、新築建物に対する固定資産税評価額の割合を50%とすると、土地の評価減▲1,500万円、新築建物の評価+3,500万円、借入金の債務控除▲1億円で、全体で▲8,000万円の相続税評価額の減額となりその分大きく相続税を減らすことができるわけです。(1年目に相続が発生した場合)

なお、不動産の相続税評価額は物件ごとに異なりますし、配偶者の有無、子供の数などによって、相続税対策効果は異なりますので、自分のケースに応じて、きちんと相続税対策効果を把握することが重要です。

閉じる

→Q.家賃保証制度はどういうものでしょうか?活用する際の注意点などはありますか?

→Q.不動産価値評価において収益還元法がこれからは主流になると聞いたのですが、どういうものなのですか?

→Q.土地は保有しているだけで毎年コストがかかると聞いたのですが、どれくらいかかるのですか?

→Q.土地の譲渡の際にかかる税金について教えてください

→Q.賃貸併用住宅にすると、どんなメリットがあるのですか?

→Q.相次相続があるから、安易に相続割合を決めてはいけないって言われたのですが、どういうことですか?

→Q.賃貸マンション建設を建てると固定資産税が減るって聞いたのですが・・・

→Q.アパートを建設しようか、青空駐車場にしようか迷っているのですが、どうやって決めたらいいですか?

___